こたにじゅん二胡リサイタル – The Acoustic

過去のコンサートでアンケートを取らせていただいた中で同じご意見が何件かありました。
音響を通さずに生音で聴きたい、というご意見です。

二胡の音を生演奏でお届けするための、最高の環境を用意しました。

僕は普段、演奏では音響機器を使います。
音響にこだわっているのでも、生音が嫌なわけでもありません。
あ、でも響かない場所での生音は、弾いてて気持ちよくないのでイヤです。
形にしたい、表現したい音楽のことを考えると、音響が必要だと判断しているからです。

二胡はバイオリンや吹奏楽器などのクラシックの楽器に比べて、音量の大きい楽器ではありません。
また、単音旋律を奏でる楽器であるため、長時間に渡るステージでのメリハリや音楽的な奥行きを出すには和音の出る伴奏楽器が不可欠となります。
しかし、ピアノとのアンサンブルになると、音量のバランスを取るためにマイクを使った音響設備が必要になります。
それは広いコンサートホールになるほど顕著に表れますし、狭いところでも音の反響がないと遠いところでは音が届きません。
特に会場に人が多く入ると、人で音が吸われてしまいます。

ピアノと二胡独奏の演奏会に何度か足を運びましたが、やっぱり不満な点は楽器の音量バランスです。
ピアノはピアニッシモでも良く響くのに対して、二胡の方のそれは聞こえてこなくなっちゃってたんです。
逆にピアノがフォルテッシモで弾いた時の二胡とのバランスは、二胡が聞こえない〜と感じました。

音響機材を一切使わずに繊細な音を隅々まで届けられる、二胡との相性と音量バランスの良さ。
これらの条件を満たせたのがアコースティックギターと、音響効果が高く、広すぎないリサイタルホールでした。

アコースティックギターとなら二胡との音量バランスはバッチリですし、今回共演していただく見田さんは伴奏楽器としてのギターを追求する、共演者や楽曲によって実に多様なスタイルに変化し、幅広い引き出しを持つプレイヤーです。
そして今回演奏するにあたって探したのが、生音でも小さな音が隅々まで心地よく反響してくれる、小規模なリサイタルホールでした。
その会場のLa Lyre(ラ リール)は音の響きと音楽を聴く空間にこだわったリサイタルホールでして、下見に行った時に、なるほど!これなら僕の得意なエスティントが生音でも殺されずに、しかも会場の隅々まで届く!と実感しました。

二胡とギターの編成で、たった8本の弦で同時に出せる音の数は最大7音。
ここまでシンプルでありながら幅広く奥行きのある演奏と楽曲。
エスティントのような極小の音が骨太に響くからこそ活きるフォルテッシモ。
音色と音楽の調和にこだわったからこそ出した答えが、この“The Acoustic”です。
二胡奏者こたにの真骨頂である“音量のダイナミクスを最大限に活かした演奏”を、心ゆくまでどうぞご堪能ください。

こたに じゅん 二胡リサイタル
The Acoustic

シンプルなのに幅広い。
繊細なのに骨太。
音色と音楽の調和に
こだわったからこそ出した答え。
アンプラグドで奏でられる
二胡とギターのオーケストラ。


こたにじゅん二胡RECITAL_140308

日 時:2014年3月8日 18:00開場/18:30開演
場 所:La Lyre[ラ リール] 03-3942-2830
出 演:こたに じゅん(二胡)、見田 諭(Gt.)
料 金:前売:¥3,000(税込)/当日:¥3,500(税込)/全席自由

いいね!割
アカラ|こたにじゅんのfacebookページに“いいね!”した方はチケット料金が前売料金より10%割引になります。

二枚目割
こたにじゅんの2ndアルバムを購入された方は、チケット料が200円off。また、リサイタル当日に“二枚目”のCDをご購入の方にCD料金200円off。
最大割引でチケット料金が2,500円になります。

お申し込み・お問い合せ:Contactページのフォームからご連絡ください。

写真撮影:烏賀陽 弘道

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

One Response to こたにじゅん二胡リサイタル – The Acoustic

  1. Pingback: ひとつ心残りが…

コメントを残す