二胡:右手 – 音色って何? – 2

二胡解説系の記事です。
前回から音色について書いています。
今回も音色について書いていこうと思います。

鼻に指突っ込んでるよ〜

前回記事は “二胡:右手 – 音色って何? – 1

弓で作られる音色というのは、その扱われ方、運弓の仕方によって結構な変わり方をします。
前回記事にも書いた通り、正確には “音色” という枠で考えるのではなく、弓で作られる “表情” と捉えていけるようにしたいところですが、改めて二胡の音が鳴る原理を考えてみましょう。
それを知ってどうなるの?と思うかもしれませんが、それを知ると弓をどう扱えば良いのかが導き出されると思います。

このことは以前に “二胡:右手 – 弓の基本動作 – 速圧バランス” にも触れたことですが、二胡の音がなる原理として、皮を振動させることで音が発生します。
その振動を筒の部分で反響・増幅させるわけですが、この皮の振動が大きくなればなるほど音量が上がります。
そして、この皮の振動を大きくするために何をするかというと、弦の振動の大小をコントロールすることで、弦から駒、駒から皮への振動が大小するわけです。

その弦への振動を生み出しているのが “弓” になります。
この “弓” …というのを考えることが一番やっかいでして、良い音色にならないな〜って悩まれてる方に特に考えていただければと思いますが、その “弓” を扱う体の使い方をしっかり意識した練習をしてみると良いと思います。
正確にはこの “弓” を扱うのは色んな体の関節を使っています。
腕や肩だけでなく、細かいところでは手、手首、指先。
大きいところでは上半身、時に下半身、etc…。

その体の使い方を意識した練習についてはまた次回に書いていきますが、弦が皮に振動を伝える原理を今回はもう少し。

弓を右に動かすと、弦も右に引っ張られるだけでしょうか?
違いますね。
弦には伸びる限界がありますので、その伸びる限界に来た時、もとに戻ろうとする力も働きます。
弓は右に動かし続けても、右に弦が引っ張られ伸びる限界が来た時、すぐに縮むという動作を細かい周期で絶えず繰り返しています。
その伸縮が皮を振動させているんですね。

弦の振動する長さが変わると、伸びて縮んでの周期も変わってきます。
長い振り子と短い振り子とでは、揺れる時間が違うのと同じで、その周期が周波数の違いになって音程というものになりますが、それはまたちょっと別の話。
余談ですが “二胡:左手 − 開放弦から1オクターブを取るコツ” って過去記事もあります。

二胡の音を出すことから、実際の演奏・音楽にしていくまでは、幾つかの段階があります。
前回の初回は “音色” と言われているものについての捉え方、考え方。
今回はその音色を作る二胡の音が鳴る原理。
あとは体の使い方や、弓でどう音を作って行くのか?
それを音色って?で段階的に追っていこうと思います。

This entry was posted in 二胡, , 右手, , 知識. Bookmark the permalink.

One Response to 二胡:右手 – 音色って何? – 2

  1. Pingback: 二胡:右手 – 音色って何? – 3

コメントを残す