二胡:快弓の練習方法

音程のシリーズも書いてる途中ですが、昨日レッスンで快弓をやっていた時に、手首を使うクセを付けるために良い練習方法がないかをフッと突然その場で思いついたので忘れないうちに上げちゃいます。

左手と右手の合致など、他にも要素は色々あるのですが右手の練習方法。
大概の方が腕だけで速く弾こうとしちゃうのです。
実際に曲を表現するには音量レベルによって腕も振ったりする必要が出てきますが、まず覚えるべきは肩や腕、肘などの大きな部位、大きな筋肉を使うよりも、最小単位である手首や弓を握っている指先の小さな筋肉を細やかに使えるか?が、快弓においてはとっても重要です。
ほとんどの人は右側には良く手首が動くのですが、内側に曲げる手首が使えず、左に動かす時に腕(肘から先)を使ってしまうのです。
内弦よりも、特に外弦側はより顕著に表れます。

それを改善するために、意外な道具がとても良く使えました。
二胡スタンドです(´Д` )

動画は生徒さんに掲載の許可をいただきました。





肘から先が動かなくても弾けるようにする練習方法です。
慣れたら外しても大丈夫です。
それに慣れたら、快弓で強く弾く場合に腕も使いつつ、手首の動きはしっかり残ります。
小さく弾く場合は手首だけプラプラした動きでも充分に音量が出るようになります。

古月琴坊の二胡スタンド、使えますよ〜!
僕、快弓レッスン用にもう1つ買お。
あ、回し者じゃないですよ〜。

This entry was posted in 二胡, , 左手. Bookmark the permalink.

コメントを残す