二胡 – 右手の担う役割

ブログ、IEからも見れるようになったみたい!
良かった良かった〜〜!

鼻に指突っ込んでるよ〜

さて、先日のブログで心技体と知識、知恵に触れたので、これからはそれぞれの項を、その日の気分で展開していこう。

まずは『技』。
技は『体』とセットで書くことが多くなると思うけど、とにかく『技』。
そして、曲を演奏する上で音楽を構成するものを分析してみる。
音色、音量、音程、リズム(拍の長さ)。
ん?他にもあるかな?まぁいいや。あったら教えてください〜。
して、それらを担う体の役割を割り当ててみよ〜!

音色:右手(腕)、あとは体じゃないけど二胡そのもの。
音量:右手(腕)
音程:左手(腕)
リズム:両手(腕)

気をつけたいのが、便宜的に手(腕)だけに着目してるけど、実際は体、特に上半身全体を使っている。

ああ、自分でもここまでちゃんと整理したことなかったなぁ。
また “書く” というアウトプットをすることで、ちゃんと整理もされてくなぁ。
で、右手が担う役割が多いッスね〜。

二胡という楽器の特性で、音程を自分で取らなきゃいけないので、
どーしても脳みその大半を左手で使ってしまう。
音程の正確さは音楽を形成する上で、とっても重要な要素なのは確か。
僕もそうだったけど、未経験者は早くメロディー弾きたいわけだし(笑)、これまで見てきた傾向として特に男の方がそれをやりたがり!(´Д` )
正式な体験レッスンとかじゃなくて、遊びで初めて二胡を触らせたりする時、だいたいヤローの方がビブラートやりたがる。
あ、あとトレモロと馬の嘶き(爆)

あ、話がそれた。
まず未経験者は音がギーギー言わないようにするためにも運弓からがスタートだけど、そこそこ音色は安定してくる。
その後、右手が音色という重要な役割を担うということに意識を持って行けるのって、ほとんどの人がある程度音程が定まってから。
でもそれで良いんだと思う。
けど立場上講師として、右手のこととか音色の大切さとかは言ってかないと気づきにくい部分なので、やっぱり最初は右手のフォームから。
曲もある程度弾けるようになってくると、今度は自分の音色に満足しなくなる時期が来る。
その時に、それが右手の役割なんですよということで、初めてアハ体験ができる。
僕のスタンスとして、泣かせてみようと、泣くまで待とうの中間くらい。

ということで、まず右手で気をつけることをレベルに応じて段階的に。
あくまで今まで見てきた僕の経験上の平均的な難易度です。
細かく言うと、人によってすぐできたり、難しかったりが違うんです。

●ギーギー言わないための力加減の変化の付け方。
●テンポに合わせ、テンポに収める弓のペース配分。

ここまでが未経験者の課題かな?
そして、初級編として…
●左手と合わせてメロディーを弾いた時も、1.2.が崩れないようにすること。
●弓の根元でギーと言わないように更に気をつけること。
●弓の長さをいっぱい使えるようにすること。
●換弦で弓が弾まないようにすること。

中級編になるとちょっと難しくなるかも…
●弓の先で、音が細くならないようにすること。
●弓の全部を使えるようにすること。
●手首の意味をちゃんと知ること。(弓の切り返し時に音の繋がりを良くする=レガートを意識する)
●大きな音で弾けること。
●いろんな種類の弓の音をつくること(テヌート、スタッカート、トレモロ等)
あ、ちなみに僕もウィキペで勉強してます。→演奏記号
●小さな音で弾けること。
●初動作や弓を切り返す時、アタック音を作ること。

やや上級編は弓の奥の深さへ…
●音量の強弱の幅・差を拡げること
●初動作や弓を切り返す時、アタック音をなくすこと。
●換弦のタイムラグをなくすことと、換弦時のアタック音をなくすこと。
●一弓での音量の変化(クレッシェンド、デクレッシェンド、スラー中のアクセント)
●大まかな全体の曲の構成を理解して、ピアノの部分、フォルテの部分を意識した弓使い。

しっかり上級として…
●音量の極大から極小までをコントロールすること。
●曲の1フレーズを意識して、レガートするところとブレスすることをコントロールする。
●曲の1フレーズを意識して、より細かい部分でも音量の山と谷をつくり、アーティキュレーションの密度をとことん上げていけること。

ダァッ!
今思いつく限りのことを挙げたけど、まだあるかも…。
続きはまた次の機会にしよう。

今まで僕は生徒さんからレッスン料をいただいて、これらを教えてきたのもあって、こういう場では発言しないようにしてたし、今まで触れないようにしてきたけど、前にも書いてきたように今はネットでいくらでも音楽が聴けるし、情報も手に入るし、無料で色んなことが楽しめる時代になった。
確実に時代が変わったんだなぁと思うんです。おせーよ俺。
そして、知ることと、できるまでになることはやっぱり違って、レッスンはそれらをできるようにしていくことに、より特化して組み立てていきたいと思います。


This entry was posted in 二胡, , 右手, . Bookmark the permalink.

3 Responses to 二胡 – 右手の担う役割

  1. 諏訪湖の弾きカエル says:

    いつも勉強になります。私としては右手の弓の速さから生まれる音の強弱の勉強がいまいち、そしてそれに伴う感情の表現の仕方、歌うように抑揚をつけて弾きたい、こたに先生の1フレーズの中の強弱をいかに上手に弾けるか?とそれには左手のビブラートの掛け方。最初からかけると割と強い感情になりますし。とにかく二胡は奥が深くて困ります。文的に勉強になる所は参考にさせて頂きます。
    (二胡歴 10年 60代孫には絶対触らせないバーチャンより)

    • 返信が遅くなりましてすみません。
      ブログを読んでいただいて、ありがとうございます!

      二胡は音程に気を取られてしまいがちですが、そちらを気にしていると、なかなか右手の強弱にまで意識が行きにくいですよね。

      左手は刷り込み、体で覚えてから、そこの不自由さから解放された時に、表現にまで向けられる意識の幅が広がっていきます。

      最近は新たな記事の更新が止まっていますが、過去記事で参考になることがありましたら幸いです。
      どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

  2. Pingback: 二胡奏者 こたにじゅん の BLOG

コメントを残す