感動した作品紹介:映画 – 空蝉(キム・ギドク)

感動した作品紹介シリーズです。

数日前に立ち上げたfbページで、オランダの弾き語りチェリストを紹介しましたが、ブログで取り上げた方が良いなぁと思ったので、たま〜にこれをシリーズで紹介していきたいと思います。

今日は映画『空蝉(うつせみ)』です。
動画を探したけどコレしかなかった〜(>_<)



これだとどんな感じかも分からないと思うので、WikiとAmazonをリンク。

韓国の映画と言っても、韓流という括りじゃないです。
この監督、暴力的なシーンは必ずあるので、それが苦手という方はダメかもしれませんが、とにかく独創的。
そして大体の作品に共通しているのが主役の台詞の少なさと、圧倒的であっ!と思わせるラストシーン。
全てのエネルギーが「ああ!ラストシーンをこうしたかったからなのか〜!」という方向に注がれています。
特に『空蝉』は、この監督の作品の中でもロマンチック。

僕はそれほど映画通ではありません。
幅狭く知ってる映画の一つでした。

まだ見たことない方はぜひ!

This entry was posted in 影響を受けた芸術, 芸術. Bookmark the permalink.

2 Responses to 感動した作品紹介:映画 – 空蝉(キム・ギドク)

  1. ごまちゃん says:

    私も観ました。前に観てたことを忘れて二回もレンタルで観ました。
    一度目のときはピンとこなかったんですが、二回目に観たときは、この映画を好きになりました。
    どう感じるかは観る側の状況にもよるでしょうね。

    • >>ごまちゃんさん

      観ましたか!?良い映画ですよね!
      この監督は観た人にとって色々な想像力をかき立てさせる監督だと思います。

コメントを残す