演奏の創造性 -2

演奏の創造性シリーズ第2回。
前回はこの創造性というものがセンスとか才能の類だけで片付けられるものではなく、勉強できるものだということでした。
ちなみに前回の記事 → 演奏の創造性 -1

鼻に指突っ込んでるよ〜

これを知れたのは、僕がグラフィックデザイナーだった経験が大きいです。
音楽をやる上でも、とても大きな武器になってくれています。

で、このデザイナーという職業、別にセンスとか才能でなったワケでも何でもありません。
同業者の方ならとてもよく知ってることなのですが、新卒でデザイン会社に入りたての人材は、全くもって使い物になりません。
デザイン会社を経営しているほとんどの方が言うことですが「仕事を教えながら育ててあげてるんだから、給料払うんじゃなくて、逆に授業料をもらいたいほどだ。」と言うくらいです。
新卒のデザイナーはみんなそんなモンです。

まず、何が美しくて、何が美しくないのかさえ、全く分からなかったのです。
僕の記憶の中でだけでして個人差もあると思いますが、自分の脳ミソのアンテナを育てるのに1〜2年。
美しいものが分かるようになっても、それを自分で新たに創出できるか?具現化できるか?が、ここから更に1〜3年。
さらに良いものを出し続けて行くには永続的な研鑽が必要になります。(まぁ何でもそう)
クライアントの依頼を反映することや、クライアントとのやりとりなどの社会勉強は、多くの会社員の方と同じです。

そして、人の感情に訴えるものは何か?とか、どんな表現のアプローチをすれば訴求できるか?という企画段階から考えるのは、アートディレクターというデザイナーを取りまとめる役の仕事になりますが、会社員を辞めフリーのデザイナーになった時にもやっていました。

その仕組みの大部分が音楽に応用可能でした。

理論が先にあるのではなく、人間が良いと直感で感じるものは、ある程度共通しています。
それを分析し、言語化し、整理し、体系化されたものが理論です。
理論先行で美しい、美しくないというものを理解しようとするのには無理があります。
まずは何が美しいと感じ、何が美しくないか?を感じることが大事です。
そしてそれは、誰でも既に大まかに持っている感覚です。
(細かくなると意見が分かれるのが難しいところなのですが)

作品や演奏への批評は誰でもできますが…あ!誤解がないように先に断っておきます。
専門的な批評家に、誰もがなれるわけではありません。
的確な言葉で分かりやすく人に批評を伝えるのがプロの方達の仕事ですので、言葉の選び方や伝え方など、プロの批評家と、ただ批評する人とは違います。
…話を戻して、批評は誰でもできますが、その解決策を自ら提案でき、且つ納得させることができるかどうかは大きな差です。

自分の良いと思う音楽の、新たな提案と説得。
とても経験のいる作業です。
そこを考えるのが創造性です。

デザイナーの下積み時代、その考える作業には『探して見つける』という連続でした。
これも繰り返していくことで、答えを見つけるまでの時間が早くなっていきます。

もう一つは先にも書いたように、すでに出ている良い答えをお手本とし、吸収する(見て、聴いて盗む)ことも重要でした。

吸収できるアンテナを育てること。
そして代替案を探せる根気。
その両方を繰り返すこと。
それらの作業を音楽でもすることに、抵抗や戸惑いはありませんでした。

正確に弾くだけではない、お手本通りに弾くだけでもない、創造性のある演奏。
また掘り下げていきたいと思います。

This entry was posted in 二胡, , 知恵, 芸術, 音楽. Bookmark the permalink.

8 Responses to 演奏の創造性 -2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください