飛翔 二胡ライブを終えて

2013年6月29日(土)。
多分今年の僕にとっての一大イベント第1弾が終わりました。

今までのこたに個人の自主企画イベントでは一番の動員規模だった。
多くの方にお越しいただきました。
本当に本当にありがたいです。ありがとうございました!
また、B席の方での演奏時に椅子だけを正面後方に席をご用意したかったのですが、スペースが足らずにそれもできなかったことに大変申し訳なく思います。
横の方で見てくださったお客様、大変申しわけありませんでした。
…あ〜〜!MCで言えば良かったんだよ。

DSCF5809

DSC_6518

そして共演していただいたミュージシャンの皆さま。
…あ〜〜!コレもMCで言えば良かったんだよ。
後から悔やまれることがいっぱい。
今回は新曲盛りだくさんの中、作ったメロディーにアレンジをしていただいた、出演ミュージシャンの皆さん。

ピアノ・キーボードのどぼんさんには『帰り道』『配達少年の朝』『薄暗い森を抜けて』『舞い上がる花のように』の4曲をそれぞれの曲の持つ情景を紡ぎ出していただくべく見事なアレンジをしていただきました!

DSC_6529

ギターの見田さんには『そんなに俺は悪くない』を、念願の自作R&B曲として、クールなアレンジで見事に黒っぽく決めていただきました。

DSC_6726

ベースのネギさんには『羅刹鬼のボニータ』を、今までのアカラでは出せない方向性のアレンジで提案していただき、新たな世界が広まりました。

DSC_6561

ゲストで出演していただいた、津軽三味線の型を度外視した奏法の楽譜をお渡ししたのにも関わらず、見事に世界観を再現していただいた高橋さん。

DSC_6653

そして、いつも音楽や創作活動のことで意見を出し合い、僕を高めてくれているえりか。

DSC_6587

更に今回は写真撮影を快く引き受けていただき、素敵な写真をいっぱい撮ってくださった森映子さん。
ビデオの撮影やインタビュアーとして、機転を利かしていただいて対応してくださったアンディーさん。
アカラのスタッフとして大変心強く支えてくださっている里恵さん、そして久美子さん。

そして会場の中目黒TRYさん、スタッフ皆さま。
長い時間お疲れさまでした。
本当にありがとうございました!

写真

6月29日のセットリストです。

1.こもれび
2.The Girl from IPANEMA
3.帰り道
4.馬メドレー
5.羅刹鬼のボニータ
6.配達少年の朝
7.そんなに俺は悪くない
8.麦星の唄

休憩

9.懐郷行
10.サザエさん一家
11.Made in FRANCE
12.木蘭の涙
13.おっさん闘励人
14.薄暗い森を抜けて

en.1 おっさんスモーキン
en.2 舞い上がる花のように

また写真はfacebookページ阿伽羅倶楽部改め『アカラ|こたに じゅん』にて、他にもご覧いただけます。

僕自身はと言えばまだまだ反省点が多々あります。
ジャズバイオリニストのようにフリーで何でも弾けるってレベルじゃないから、練習してできる曲を解放できるレベルにまで持って行かないとです。
運指の刷り込み、音程の精度。
特にMade in FRANCEの様な難曲は1〜2年くらいかけないとだ。
練習時間ももっと捻出しないと。
それでもこの曲は自分のカバーレパートリーとして育てていきたいです。

それでも諦めずにさらに上を目指して精進・邁進していきます!
イベントとしての体制と、音楽としての精度、これからもひとつひとつを経験させてください。
大きくさせてください。
僕もアカラも、音楽でもっと稼げるようになりたいです。
多くの方に足を運んでいただけて、喜んだり、感動していただけるミュージシャンになりたいです。

あ、でもMCではあまり無理したくないです(;´Д`A

自己実現の為という、ほとんど傲慢な願望であることは間違いないのですが、それでも皆さまに聴いていただく価値があるという音楽と演奏を提供できるようにこれからも頑張ります。
よろしくお願いします!

さて!
次は第2弾、甲府教室開校1周年記念だ。
こちらもありがたいことに昼の部と夕方の部、共に満員御礼。
やったるぞ〜!

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください