BLOG

僕が出した3枚目の二胡アルバムは2015年にリリースしたユーミンのカバーアルバムでした。
こちらの曲を二胡愛好家のために、カラオケと楽譜のダウンロード購入ができるようにと、プロジェクトを進めておりました。
そしてこの度、その最初の1曲をリリースいたしました!

改めて楽曲の制作に携わっていただいた、どぼんさん、ネギさん、溝さん。そして楽譜制作に携わっていただいた塩谷さん、原稿作成していただいた生徒皆さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。

まずは “ひこうき雲”。
楽曲は月1ペースで1曲ずつ更新していく予定です。

著作権のある楽曲や楽譜の申請と販売の代行をしていただいているmucomeというサイトで、ERHU POPs FACTORYというこたにのYouTubeチャンネル名にもなっているストアブランドを立ち上げ、そのアカウントページにて販売しております。
ERHU POPs FACTORY MEDIA STORE @mucomeのページはこちらのリンクから。
このサイトのStoreページも更新しております。

ぜひご利用ください。

ここからは、こたに個人のブログ記事としてご覧ください。

このプロジェクトにあたり、まずは盤面のCDアルバムとしてリリースした、二胡演奏トラックのオンライン配信をする予定でした。
2ndアルバムまでは全曲オリジナル楽曲でしたので、著作権のことなどは何も考えずにオンライン配信かできたのですが、カバーアルバムはそうはいきません。
このユーミンの二胡カバーCDアルバムの方は、リリースにあたりもちろんJASRACに申請し、著作権料を支払ってリリースしたのです。
リリースした当初、僕の知識の乏しさもあったのですが、カバー曲のオンライン配信は無理だろうと思って諦めていました。
リリースしたい側が何か特殊な申請手続きをしないといけないと思っていたのです。

何年か経ってから、ふと「できるんじゃね?」と思って調べたら、それは意外なほど簡単なことでした。
えりかさんにJASRACに電話で問い合わせしてもらったんです。
それはApple Musicなどの配信サービス側で、包括契約で著作料を支払う契約なので、こちらで登録料とは別に、著作料をJASRACに支払う手続きの必要が無かったのです。

僕は2ndまでのオリジナルアルバムをオンライン配信するのに販売手続き代行サービス、TuneCoreを利用していましたが、このユーミンカバーアルバムもTuneCoreで手続きしました。
こちらへの手数料を支払えば著作料含め、全て完結でした。

ただ、これまでのオリジナルとは違って、カバーは審査が厳しかったです。
リリースまでに何度かやり取りがありました。

ずっとこの作業をしようと思って、自分のリマインダーに入れたのが3年前でした。
3年経って、ようやくタスク完了しました(^_^;)
そして無事にカラオケ&楽譜のプロジェクトにも着手し始めた次第です。

楽曲のオンライン配信はApple Musicだけじゃなく、Spotifyやamazon musicなど、いくつも媒体がありますが、TuneCoreで一括手配してくれます。
音楽サブスクリプション時代になったこともあり、まぁ雀の涙ほどですがTuneCoreへの手数料よりも黒字化できていました。
自分でもビックリ!

何かしらの音楽サブスクやっている方でしたら、こちらのリンクからユーミンの二胡カバーアルバムを色んな種類のサブスクで視聴できますので、ぜひ聴いてみてください。

これから毎月、このユーミンの二胡カバーアルバムのカラオケ&楽譜も、1曲ずつ10ヵ月間に渡りリリースしていきます!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。