BLOG

4月に行った広州での演奏。
ライブにお越しくださった中国での日本人向け情報誌 “Whenever 広東” の編集の方が、アカラを雑誌の表紙にということでお話しをいただきました!
それはもうぜひお願いします!と言わせていただきますよ!

中国ではほとんどの人が読んでいる雑誌と聞きました。
スゴくない!?アカラ!!
でもまだまだ、もっともっと音楽にも創造を注いでいきたいです。

なんか最近色々と手を出しすぎて追いつかない間が満載ですが…
ここを乗り切るのに、あとどれくらいの月日が必要かは分かりませんが…
アカラや二胡奏者こたにがブレイクスルーするのにもうちょっとな気がしてるんです。
その為にも色んな案件を、全て進めていく必要があります。

このまま進めていきます!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。